<今回の登場人物>
 アルバイト女子大生 乙女莉菜(おとめりな)
 マーケティング会社代表 真毛多美雄(まけたよしお)
 マーケティング会社若手社員 若手祐一(わかてゆういち)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
マーケティングって? (その2・前号からの続き)
~マーケティング・コミュニケーション~

マーケティング談義がつづく3人@テムズ オフィス

 真毛多
 「そう、マーケティングの4Pは、チーズでなくて。。。」
 乙女
 「Product・製品、Price・価格、Place・流通、Promotion・広告
 販促」
 若手社員
 「で、うちでやっているのは。。。」
 乙女
 「プロモーション領域。なかでもコミュニケーションデザインの部分
 で、企業側がコントロールの自由度が高い『広告』が中心というこ
 とになりますです」
 真毛多
 「そして、そのなかには?」
 乙女
 「テレビCM、ラジオCM、新聞広告、雑誌広告といったマス媒体、
 WEB広告やSNS、それからPR!」
 若手社員
 「3年、テムズにいると、こんなにも成長するのかあ~」

 真毛多
 「感心している場合じゃないよ。若手君」
 若手
 「う、その流れは、僕に矛先が、、、」

 真毛多
 「以前、アンケート結果の購入重視点で、その高いスコアだけを読
 み取り、大事なことは『味と価格です』って、クライアントに答えてた
 よね」
 乙女
 「購入者にとって、味と価格はあたり前だし、何と言っても、次の打
 ち手としては、困難すぎる~。まさに、ProductとPrice!」
 真毛多
 「指摘したら、『データでは、そうなっています』って剥きになって言う
 から、そのあと私に、『君は、リサーチャーなのか?、マーケターな
 のか?』と叱咤されて。。。」

 若手、珍しくうなだれて
 「はい。肝に銘じて、日々、精進しております。」

 乙女
 「大事なことは、『次の施策を見据えてデータに向き合うこと。。。』
 ですね。!」
⑥イラスト5068295_0

つづく。。。